臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

○○代行業

自動車運転代行業、家事代行業、お墓参り代行業、世の中様々な代行業が増えています。飲酒した時の自動車運転代行業を利用することは大切なことでしょう。家事代行業も必要な時があるでしょう、小中学生の宿題を代行する宿題代行業は読書感想文から絵、自由研究などを代行してやるもので、字も子供本人にそっくりまねて書いて読書感想文1枚3000円とか、絵画1枚4000円から何万円などの代金も表示されていいます。これは、親が子供の教育をどう考えるかということであまりにおかしなことなので論外です。

8月27日朝のNHK「あさイチ」で紹介された「謝罪代行会社」までできたとは驚きでした。本人に代わって謝罪をしてくれるほか、依頼者の家族や会社の上司になりすました謝罪も請け負ってくれるそうです。

利用者の4割は女性で、20代から40代からの「金銭や仕事、交際」のトラブルが多いとのこと。
相手が交際を断ると、ストーカーにでもなりそうな人だったり、モンスタークレーマーであったり、相手の弱みにつけこみそうなあくどい人だったら、利用することもありかなと思います。

ただ、問題は、背景には「他人と面と向かって接してこなかった人」の増加があり、
ビジネスが成り立つ背景には「他人と面と向かって接してこなかった人が増えて、
どのように謝っていいか分からないという人がいる」状況があるということです。


心理学の技法の中にアサーショントレーニングというものとSSTというものがあります。

アサーション・トレーニング(Assertion training) とは、自分と相手、お互いのアサーティブ権(人権)を尊重した上で、自分の意見や気持ちをその場にふさわしく表現出来るようにするトレーニングです。

SSTは、“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では「スキル教育」とも呼ばれます。
困難な状況に対して、「ソーシャルスキル」と呼ばれるコミュニケーション技術の側面から向上させることによって困難さを解決しようとする技法です。コミュニケーション技能を回復・改善し、自己対処能力を高める効果的な方法で、統合失調症の治療から学校教育にまで幅広く利用されています。

自分でワークできるための参考本として

自他尊重のコミュニケーションとは?

改訂版 アサーション・トレーニング
さわやかな〈自己表現〉のために
平木典子 著
B6判並製 ● 192頁
定価(本体1,500円+税)
などがあります。

人間はストレスを感じながらも相手にどう伝えるか考え、悩み、自分が言いたいことを伝えることができたということで自己効力感(自己に対する信頼感や有能感のこと、「自分はこまでできる」という思い)を感じ、成長していくものです。その時にどう伝えていいかわからなかったら、家族や友達や時にカウンセラーに相談しながら考えていけばいいのではないでしょうか。

そして、夏休みの宿題におわれている子供たち、頑張れ!

Comment

Add your comment

Latest