臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

危険な女

このテーマを見て、ここに訪問された方がいるかもしれない。
[危険な女]というと色っぽくて魔性の女で男を手玉にとるようなそんな内容を期待されたかもしれない。

全く違う。私にそんな話が書けるわけがない。

正直に言うと今日は傘の持ち方のお話しです。
女性には役立つお話しだと思います。

最近、傘の持ち方で子供が顔にけがした事件がありました。
これは、こういう持ち方でしたね。
1437472225348_convert_20150724065024.jpg

こういう持ち方は絶対いけません。後ろを歩いている人がけがをする可能性が高いですね。


今日雨がちらついていたので、みなさんの傘の持ち方を見ていましたが、たてにもつとか腕にかけるとか周りに迷惑にならない持ち方をされていました。


私が、知り合いの女性警察官に聞いて、武道をやっている青年にもベストだと言われた持ち方があります。
1437472419137_convert_20150724065206.jpg



これただと、傘を防御にすぐ使うことができるのです。すぐ、ふりかざせます。傘の長さの範囲は相手ははいりこむことができない。
物騒なところを歩くときはこういう風に傘をもって、携帯を常に警察にかけられるようにして、皆さん「危険な女」なりましょうというお話しでした。
もちろん、むやみに振り回してはいけません。


ブログ上でブツブツ文句言ったら、ネット上にこの記事が浮上していました。よゐこのみなさん、マネしないように。
前書いたのがネットタトゥ-のように残らないなことを祈るばかり。

Latest