臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

大人のネット依存ーGoogleのエリックシュミットが語った

ネットを知り尽くすグーグルのエリック・シュミットが、6年前にこんな助言をしました。

「パソコンの電源を切ってください。携帯電話の電源を切ってください。周囲の人間らしさを発見しましょう( You’re going to have to turn off your computer. You’re actually going to have to turn off your phone and discover all that is human around us.)」。
広告
ネットが収益に直結するグーグルのトップが、電源を切ろう、人間らしさを発見しようと助言したのです。
今はスマホですね。


私もブログを自分自身やっていながら、こういう内容を発信することはかなり勇気がいります。

それは、最初これを読まれる方たちが、おそらくネットを活用されている可能性が高いからです。先日の記事でもブログをやっている方から反発のコメントをいただきました。

それは、アルコール依存でも働く否認と言う防衛機制が働くからです。

「私はネット依存症ではない!」
「私はネットさえしなければ、何の問題もない」

なぜ、否認が働くのか?

人は自分に不都合なことは認めたくないからです。



次回は、大人のネット依存の診断規準について書きたいと思っています。

この記事はネット依存について少しずつ自分の考えをまとめながら、書いています。

PAK85_coding15095904-thumb-1000xauto-18356.jpg




Comment

Add your comment

Latest