臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

FC2とはてなとlivedoor3つにブログを作った馬鹿です。

ご訪問有難うございます。

このたび、ライブドアににもブログを作りました。
いくつ作るんか!と言われてしまうと思いますが、それぞれのブログの特徴があって、非常に困っております。FC2は、私も訪問やコメントなどほとんどしておりませんから、非常に静かです。私の努力もないせいもあって、ここで発信したことを拡散したくてもできないのです。

それにいまひとつブログ記事がきれいに作れる機能も備わっていないということも残念なことです。


はてなブログは、きれいに作れる機能もあり、拡散力もかなりあります。いろいろなところがリンクもしてくれます。そのため、悩んでいる方々に私が発信したいことを伝えるには、とてもいいところなのです。

最初、はてなである人から、いろいろはてなのルール?教えてもらったのですが、はてなは記事をしっかり書く人が多いから、文章をきちんと読んでコメントしなければいけないなど、安易にスターつけてはいけないなど。でも、それ、一生懸命にやっていたら、その人たちとの気持ちの上で深い交流ができてしまって、現実の世界のほかにもう一つ非現実にも関わらず、もうひとつ世界があるという変な感覚が起きてきたのです。

これって、ひきこもりの子たちがネットばかりで遊んでいるとなったと言ったことと同じでないか!とかなりあせりました。

ああ、これが、ネット依存のはじまり、と言うものだと思いました。

幸い、私には、嫌がらせのように私の訪問するところ、訪問するところ、来られる方がいて、訪問先にもご迷惑をかけてしまうので、訪問を止めざるをえなかったのが、助かりました。今は、何か所か、お知り合いになったところを回るだけで、あとは、記事の内容にあまり関係なく「いい人だなあ」「それに加えて強さもあるなあ」こういう人にブログだけでなく、社会に関わってほしいなあと思う人にブックマークしています。だから、、気ままに訪問、数はできるだけ増やさないように工夫しています。ブクマの数、スターの数の争奪戦もあって面倒な部分もかなりあります。その中で揺れ動かず、きちんとした生き方をされている方々のブログを発見することは結構大変なことです。

ネットの世界に入っていたら、一日遊べます。ブログは基本的にコメントも否定的なこと書いてはいけないのがルールになっているので、自己評価が客観的評価より高くなります。だから、より現実に生きていけない人になるのです。
私が体験したネット依存については、また、ゆっくりまとめたいと思っています。



怖い世界です。私は3つも作りましたが(笑)現実とバランスのとれる方でないとお勧めはしません。

Comment

Add your comment

Latest