FC2ブログ

うたたね日記2019

臨床心理士です。私の趣味やら日々のことについて書いていきたいと思います。

クレヨン療法の手順2

今回は何らかのこころのわだかまりがあって流す場合です。言葉の表現そのままのワークをします。

①こうして、.ぐるぐると描く場合は、心の傷を描いている場合もあります。最初に手順2で示したように「お薬としてほかの色のクレヨンを塗ってみましょうか?」という確認をしてみてもいいです。それが何か合わないと言われた場合、心の中でほぐされないわだかまり、こだわり、つきまとって仕方がない感情や思考が表現されている場合があります。今日も私が代わりに描いてみました。
DSC_0035_convert_20190201222439.jpg




②お薬として他の色のクレヨンを塗るのが合わないなら、「お水のようなもので(色で)流してみましょうか?」と提案してみます。実際に2、3本ぐるっと描いて外に流すような線を描くと「合ってる、合ってる」という反応が返ってきた場合がこうなります。これを丁寧に繰り返します。
DSC_0036_convert_20190201222556.jpg



こうして描いた直後に頭の重さがとれたり、胸の痛みがとれたり、トラウマになったことがはるか遠くになります。所要時間は、15分から、20分です。治療者側はケアの線を入れていく作業は、筆圧や方向も考えながら相談者に相談しながら行います。外から見たら単純な作業にも見えますが、相談者さんからすると治療者にものすごく自分の心の世界を深いところから理解してもらえた、受容されたという感覚になります。



※このクレヨン療法は、私のオリジナルなものなので、リンクする場合、紹介してくださる場合はご連絡ください。

全体の流れはこちらです。
私のトラウマ療法―クレヨン療法

Latest