FC2ブログ

うたたね日記2019

臨床心理士です。私の趣味やら日々のことについて書いていきたいと思います。

クレヨン療法の与える安全、安心感

今回、変化させたクレヨン療法は、クーピ―に画用紙用いるのでクーピ―療法?とでも言ったらいいのか困っています。これから、考えます。
最初に考え出したクレヨン療法の安心感、安全感は、新聞紙の大きさが両手を広げた大きさで、相談者さんがクレヨンで殴り書きをするときに治療者がちょうど相談者さんを受け止めるような形になっているから、相談者さんに安心感を与えられるんだと信じてきました。
クーピ―と画用紙をよく用いる相談室は狭くて、机の真正面に椅子を置くスペースもなくて、私は相談者さんの横に座ってスケッチブックに手を添える程度です。でも、相談者さんほとんど安心して描けています。ただ、面接第一回目だと厳しいかな?でも、それは、クレヨン療法が完全に個室にできるのに較べて、クーピ-を主に使う相談室は、完全な個室ではないということも関係しているのかもしれません。
今回、新聞紙に較べて小さなスケッチブックを使って、描いている相談者さんに寄り添いながら感じたのは、相談者さんに安心感を与えるのは、当たり前のことですがカウンセラーだということ。カウンセラーの表情であり、姿勢であるということでした。それって当然ですが大切です。


もうすぐ、今年が終わります。私は、掃除をしながら、テレビを見ながら、こんなことを考えてぼつりぼつり書いております。お正月を迎えるにあたってセールで家族とおそろいのセーターも買いました。これそっくりです。
71LsWZRwvkL__UL1280__convert_20181230135822300.jpg
Amazonから

Latest