臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

FAP療法への疑問

加筆,修正しました。

これまでFAP療法を受けてきた方がたから様々な疑問が寄せられていますのでしばらくこのことについてぼちぼちですが記事として上げていこうと思っています。中にはこんなこと本当にあるのか?!あったら大変!!!というような疑問もあります。FAP療法は、本を読んで一部私は相談者さんのカウンセリングにも取り入れていて、効果も上がっているだけにこれらの相談者さんたちの声が本当なら残念なことでFAP療法の研修のあり方を考え直してほしいと切に願います。

1、 料金がとにかく高い!大体1万円以上です。1万円から1万3千円くらいかな。国際的に効果があると認知されているトラウマ療法のEMDRが大体一万円です。FAPの治療効果はまだ実証されていません。治療者によって治療効果にばらつきがあるという印象を受けます。にも関わらず高い!

2、 FAP療法の神髄は、最後にこれぞFAPというものらしいですが、相談者さんからお経にしか聞こえないようワークがあります。このお経のようなものの治療的意味がはっきり相談者さんには、説明されません。それでいながら、そのワークを始めるときは、「水を部屋の中に置かないでください!被爆しますから!」という説明をするカウンセラーもいるそうです。「被爆」?なんのこっちゃ???全然、意味不明です。
そして、そのお経のようなものの中に「性的虐待」という言葉が繰り返し、入ってきます。これもなんのこっちゃ??と思うでしょうね。
トラウマのある方は、逆にその言葉が繰り返しはいってくるので恐怖を覚えるそうです。説明がほとんどないようです。もっと相談者さんにわかるような説明をしてワークに入ってほしいですね。

3.相談者さんの中にはFAP療法のカウンセリングを受けて、おそらくカウンセラー側の頭痛のenergyやトラウマがうつって、カウンセリング後不調になった方がおられますが、それを会社の事務局に訴えたところ、カウンセラー側から何の返事もフォローもなく、その方の頭痛などの不調は何か月も続いたことのです。窓口の方がカウンセラーに伝えなかったことも考えられるそうですが、そういったことへの対応もきちんとしてほしいものです。



つづく
free-photo-rose-04.jpg


こちらの記事も読んでくださいね。
こころにききながらファッションコーデしてみた!

こころにききながらファッションコーデしてみた!2

Latest