臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

こころにききながらファッションコーデしてみた!

「こころにききながらファッションコーデしてみた!」は今年の3月19日に記事にしたものです。この記事と同じ記事ネタで今年の5月16日に書いたFAP療法のブログの記事がありました。普通だったら、記事を更新する前に教えてくれるのがネットのマナーだと思うのですが、もしかしてFAP療法では脳のネットワークが繋がっているから同じような内容で書きました!!!と言うんでしょうか???不思議な世界です。

トラウマ療法のひとつであるFAP療法には、「心にきく」という非常に興味深い方法があります。

こころにきくことの基本的やり方は「あれやこれや質問したいことの前に『心よ』と先頭につける。」「答えが聞けないときは、邪魔をされているので邪魔の排除をお願いします。」と加える。

自問自答にも似ているのですが、「心よ」とタグ付けするだけで、催眠の導入をしていないのに催眠状態の時と同じように心の声をきくことができます。「心」という存在は語りかければ語りかけるほど、親友のような存在になっていくような感じがします。「世間」を基準にした答えではなく、こころは本来の私自身を知っているからこころはベストな答えを教えてくれます。


私自身なんだか不思議な方法だなと思いながら、昨年から少しずつ練習して、最近はなんでもこころに相談して、意外な答えに「これ本当なのか???」と繰り返し確かめたり、リラックスできる場所の実施から、街中でもやれるかどうか試したり試行錯誤して、今までの私とは違う選択をこころと相談してして毎日を送ることが多くなってきました。

その中の手始めのひとつは、ファッションです。こころは、この洋服いいよ!このバッグいいよ!と言いはじめると、こんな今まで着ていたイメージと違うもの取り入れて大丈夫か!という私の不安をよそに「これがいいよ」としきりに勧めます。今日はそれをご紹介しましょう。



最初は、ショップの店員さんがワイドパンツが履きたい私のために選んでくれたコーディネイトです。これにコートとリュックです。これは、こころに全く聞いていない頃。

オフホワイトのTシャツに紺のワイドパンツ。それに紺に白ひものスニーカー。白も紺もよく着ます。
20180401122257FAP_convert_20180509174339300.jpg


次に「こころ」が選んだもの。強いお勧めに負けて購入しました。ワンピースはピンク系なのでとまどいましたが、家族の反応は、上品となかなか好評でした。
shoppingpinkre-su.jpg


後はカジュアルな普段着。これは、こころが「グレーと黒でまとめたらどう?」と。こんな感じです。このところ寒い日も多いのでパーカーは丁度よいです。
61XIJYebN5L__UX425__convert_20180509173246340.jpg
51KLVpnCskL__UY500_.jpg



いつも紺、白、ベージュ、グレーの無難な色でまとめている私にとっては冒険でしたが、心強い「こころ」の応援があったのでトライできました。そして、真ん中のワンピースを職場に着て行ったら...いつも20分から30分の隙間時間があるとスタッフが一人ぐらい質問に来るのですが、この日は特に私の愛想がよかったわけではありませんよ。それなのに5人のスタッフが次から次へと質問に来てくれて...ほかにも要因はあるのでしょうが、なんだか洋服をきっかけになのかな?多くの人が心理に関心を持ってくれているのがはっきりわかってうれしかったです。こころはこういうところでも、今までの自分の枠を取り払ってくれる気がしています。

面白い世界ですよ!


(参考Amazon)



Latest