臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

描画表出療法が生まれたとき

私が描画表出療法を思い付いたのは、中学生や高校生のスクールカウンセラーをやっていたときでした。
相談者さんは言葉にならない思いをたくさん持っていて、内的世界をことばで表現しようとするならば、言葉によって取り上げられたもの以外に取り残された部分がたくさんあります。会話によって伝えられることには限界がある。それを感じてそれをそのまんまありのまま表現できる方法はないかと考え始めました。

子供のころの私は本当によく遊びました。お絵かきも砂遊びもごっこ遊びも大好きで海でもよく遊びました。そんな子供のころの私が指揮をとったのかもしれません。遊びながら感情も存分に表現できる感じを知っていました。だから遊びながら感情をワーッとか、ボソッとか表してもそこに表現されたエネルギーやささやかなものまで誰かが丸ごと受け止めてくれたらうれしいだろうなと感じたのでしょう。

描画は私が子供のころ体験した遊びに比べたら小さなものなんですけどね。それが凝縮されたらこんな形もとれるのかなと考えました。自由な手の運動、紙の質感、クレヨンの手触り、視覚的な楽しみ、不安を鎮めるかのように繰り返されるパターン・・・・子供にとって絵を描くことは遊びであり、衝動です。

こどもは紙が与えられるとその大きさという制限を守りながら、自由に殴り書きします。プレイセラピーではリミットを守りながら、その中で表現して表現した相手にホールドされた感覚を持ちます。その感じを中学生から、成人まで持ち込めたら、人は自分の思いを訴えることをクレヨン一本で表出できるのではないかと思いました。

今、クレヨンでと書きましたが描く道具がクレヨンで何色入りというのが必要かわかるまでにいろいろなことを試しました。クレヨンの他にマジック、色鉛筆、クレヨンも固いものから柔らかいものまで。パステルも試しました。
マジックは相談者さんの結構お気に入りでした。セレクトされることが多かったです。マジックがどうして使われなくなったかというとにおいです。マジックで殴り書きをした後はマジックのにおいでカウンセリングルームがいっぱいになり、まあ大変!。これは続けるのは無理だなと思いました。
パステルは粉が出ることのほうが多くて表出が上手くできませんでした。色鉛筆など固い素材のものは心が自由になりにくいためでしょうか?たぶんそうだと思うのですが用意していても相談者さんが選ぶことはありませんでした。
クレヨンの色もできるだけ多い方が相談者さんにとっては自分の気持ちに合ったものを使えていいようです。ただ、一回の施行で使う量が半端でなく、使われる色はある程度決まっているので今は24色のオイルクレヨンとなっています。こんな風に使う用具は相談者さんとともに選んでいきました。自由にとらわれることなく、表出できることをめざして。

描く紙もあれやこれや試行錯誤して選びました。目を閉じて描いていただくので、相談者さんがはみ出す心配をしなくていいものとするとおおきめが必要と思い、カレンダーの裏側を使ったこともありました。
小さな相談室ではA4の紙を使ってみることもありましたが、相談者さんがのびのびと描くことができませんでした。それで新聞紙に描くというところに行きついたわけです。
なぜ殴り書きで始まり、殴り書きで終わり、顔や木などの形にしなかったのかそれにも意味がありました。(つづく)


building-vintage-bike-monument.jpg


Comment

Add your comment

Latest