臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

人間の感性ってすごいね

PAK85_color20141206204808_TP_V_convert_20170504050444.jpg



人の心って 感情って 気持ちって
本当に繊細で微妙だと思う

トラウマケアの描画療法をやるときに
24色のクレヨンを用意して
「あなたの身体に感じる胸の痛みを表す色を選んでね」と伝えると

みんな自分の感情にぴったり合う色を選ぶのに一生懸命になって
けっこう時間かかるんだ

最近は2色使いする人も現れた

青ひとつとっても薄い淡い昼間の空の色のような青から 濃く深い夜空のような紺色まで、その人に合うブルーは微妙に違う


そういうこと考えると制服がある職場って便利で楽だけれど、時に気持ちが重く暗くて静かな色を着たくても原色のような色を着なくてはいけないこともあるんだなと思う

私の場合、病院勤務の時白衣があって、白はとても好きな色だし、清潔感があって、患者さんも信頼できる色のようで好きだったけどね


自分の気持ちに合う色を探している相談者さんの姿を見ていると 迷い悩んでいる姿を見ていると
感情って 人によって 時によって 場合によって 変化していくもので ものすごく微妙なんだなと実感する

それは多分中井久夫先生のいう「患者さんの『こころのうぶ毛』を大切にしなさい」という教えと同じものがある気がする
とてもとても大切に対さなければいけないものだと思う

そしてこれはもしかして進化している人工知能にもできないことで 人間が人間らしくあること 人のもつことのできる優れた感性ではないかと感じるんだ

Comment

かれん  

こころのうぶ毛ですか・・・。
なんだかふわふわと繊細ですね。
手とか指のうぶ毛を剃ると、感覚が鈍る と、
きいたことがあるけれど、こころのうぶ毛は大切なのですね。

色、私も大切にしたいと思っています。

先ほどはありがとうございました。

2017/05/21 (Sun) 15:50 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

かれんさん先ほどはありがとうございました。想像通りの方で安心しました。うれしかったです。
こころのうぶげってこころの繊細さのことですね。私も大事にしたいです。

2017/05/21 (Sun) 16:00 | EDIT | REPLY |  

八咫烏(冬眠中)  

人間というのは、「一貫性」がない生き物なんだと思います。
よく、意見が一貫していない。ちょこちょこ考えが変わる、とも言いますが、たぶん、それが人間なんでしょう。「人間は感情の生き物である」と言われるのもよくわかります。
思うに、一貫していないことをちゃんと自分で自覚していれば、精神的な病は少し減るのかもしれません。ちぐはぐな自分自身。理性ではわかっていても、感情では許せない。そんな自分を認められないで理性だけに従って自分をしばっていると、それがストレスになり、限界を超えると症状が現れる。ってケースもあるのではないでしょうか。
私は専門家ではなりませんので、全くわかりませんが^^;

2017/05/22 (Mon) 11:12 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

八咫烏さんおっしゃる通りだと思います。理性だけでしばっていたら人間は病気になります。感情の自由さを失わないこと、様々な感情が自分の中にあることが受け入れられること、時に悪感情であったりしても認めることができることがとてもメンタルヘルスには大事です。(ってところまで書いたら、次のブログ記事このテーマで書いてみようと思いました。)感情への許し、受容って八咫烏さんが言われるように大事なんです。

2017/05/22 (Mon) 11:45 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest