臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

トラウマケアをした後は

トラウマケアをした後は

顔色がよくなる

目がぱっちりする

呼吸が深くなる

声が大きくなる

身体が暖かくなる

身体が軽くなる

胸の痛みがなくなる

おなかの不快感がなくなる

背中に乗っかったような重いものがなくなる

頭がスッキリする

気持ちのいらいらや怒りが解消される

のどのつかえがなくなる

過去のつらい記憶ははるか遠くになる

自信が出る

自己効力感がもてるようになる



こんな風になります。こんな結果を目指してケアを行います。



(私が相談者さんの真似をしていらいらの解消をしてみました)

痛さやもやもや、ヒリヒリを感じるところに片手を当てながら、反対の手で殴り書きを行う。クレヨンはこのやり方に慣れるまで黒色を選ぶ人が多い。すべてを内包する色だからか。

ここでどうして描く紙が普通の紙ではなく新聞紙になったか説明しましょう。
この描画法は最初目を閉じて描きます。新聞紙を両手で治療者がおさえていても描いている最中にクレヨンがはみでる心配をします。そのために片手を大きく回転させながら描ける新聞紙が大きさとして最適だったのです。また、大きなカレンダーの裏で行ったこともありました。それはそれでいい時もあるのですが、怒りやイライラが表出されたとき、その感情を解消するためにそれを相談者が破りたい、切りたいというと言うことは多くあります。そのとき、新聞紙だと生まじめな方が多い相談者にとって抵抗がほとんどないのです。そのために新聞紙になりました。新聞紙を選ぶ際は、紙面の色がカラフルでないもの(相談者の書いたクレヨンの色が生きないためです)人物が大きく入っていないものを選びます。

IMG_20170513_033158_2_convert_20170513040536.jpg


描かれたものに相談者の怒りが主に見られたときは、破ったり、切ったりすることをすすめる。これは手でちぎったもの。これをゴミ箱に捨てることでかなり怒りは解消する。
IMG_20170513_033336_2_convert_20170513034858.jpg



参考にしてください。
私のカウンセリングー主にトラウマケアについて

Comment

まろ  

おはようございます。

新聞紙にするのにも理由があるのですね。
心の問題。。。
難しいでしょうけど
克服した人の喜びは計り知れませんね。

2017/05/13 (Sat) 10:24 | EDIT | REPLY |  

八咫烏  

うーん、素人の私でも、実に納得がいく療法ですね~。
というか、実際にやってみたいと思いますよね^^;
多分、精神的に本当に健康な人っていないと思います。
つまりは誰もが何かを抱えているわけで。
となると、これはやはりみんなやってみるべきですね~^^;
身体が軽くなりそうですね^^

2017/05/13 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

八咫烏コメントありがとうございます。
八咫烏さんのダンスの写真はおそらくとる側にとっても見る側にとっても芸術性以外に人へエネルギーをシェアしたり、癒しの意味合いがあるなと思います。
私の治療法は疲れている人ができるメリットが大きいですね。当たり前ですが。
健康でも腰痛だからやったみようとか、風邪だからやってみようという方もおられます。
たぶん健康な人が施行されたらより健康になるんでないかしら?

2017/05/13 (Sat) 11:22 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

まろさんコメントありがとうございます。
克服した人はですね、私が振り返りをしないとやれてるのができてるのが当たり前になります。笑

2017/05/13 (Sat) 12:56 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest