うたたね日記2016

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

ダンスセラピーってどんなもの?

心理療法にはいろいろあって、粘土療法もあり、私がよく記事にする描画療法あり、音楽療法などがあります。ほかいろいろ。ダンスセラピーというのもあるんです。正しくはダンス・ムーブメント療法。ダンスと身体動作(ムーブメント)を行います。身体から身体へ、言葉を介さず相手に働きかけ、自分の感情への気づきやや対人関係の変容を目指すものです。

一般に、ダンスというとリズムに合わせて身体を動かしたり振付に合わせて体を動かすことを連想されるでしょう。これだけでも楽しくて爽快感ありますよね。
ダンス療法では、それとは少し違って自由な動きが許され受け入れられる、非日常的な場があります。リラックスし呼吸を整え、音楽や、時に小道具を用いて、身体の自然な動きを促します。そして、イメージを身体の動きとしてあらわしたり、風になるとかなにかになると言ったテーマを表現したり、自由気ままに動いたりという動作(表現)を、個人、あるいは集団で行います。
 
はじめはとまどうかもしれないけれど、緊張がとれてくると心も身体も軽やかに動いて何かを表現できたり、踊りをつうじて誰かとコミュニケーションとれそうなイメージです。

ダンスのCM集めてみました。振付があるので、ダンスセラピーとはちょっと違うかな?
ダンスCM  佐藤健

これは芸術性が高いです。感情を表現しているイメージ。作品そのものが絵画です!




以上動画はプロの振付師によるプロのダンスですので皆さんお好きなのを見て心を解放してくださいね!

Comment

Add your comment

Latest