臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

「逃げるが恥だが役に立つ」は相談者にも役に立つ言葉

TBS系で昨年10月クールに放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のDVDが今日29日に発売されることを受け、28日付の一般紙に全面広告が掲載されたので今日調べたらネットに載っていましたyahooニュースより

http://www.livenan.com/archives/14064991.html

夫婦は火曜日はハグの日とか決めたらいいかもね。
思い出の場面いっぱい。この番組 はやってよかったなあと思うのはもうひとつ。この題もすごく役に立っています。




ブラック企業で悩んだ相談者さん、職場の対人関係で悩んだ相談者さん、ハラスメントで悩んだ相談者さんと一緒に「そうだよね!」と合言葉のように使っている言葉

「逃げるが恥だが役にたつ」だよね!!!
恥でもなんでもないんですけど、この言葉で相談者さんたちすごく安心して笑えます。



みなさんこんな悩みありませんか?

採用の時の労働条件と違うんだけど
給料が違う
勤務時間が違う
有休がとれない
残業時間多すぎ!
これって自分の業務?
入るときに言われた時と条件が違うんだけど...
休憩時間ないの?
なんかすごく怒られるんだけど(過去記事引用)

こういうとき思い浮かべてください。

逃げるが恥だが役にたつ

そして勇気出して相談してみよう!
いい結果になることが絶対多い
労働条件相談ホットライン

まだ勇気でない人はこちら

ちょっと混むかもしれないけれど
相談にのってくれるよ
働く人の「こころの耳電話相談」
全国の働く方やそのご家族、企業の人事労務担当者の方々からメンタルヘルス不調などのご相談を電話で受けています。



参考過去記事
労働条件を見直そう

あなたと私は問う

Comment

Add your comment

Latest