臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

キングコング:髑髏島の巨神 観たぞ

昨日公開になったので時間を何とかあけて観てきました。できるだけねたばれのないように書いていますがネタバレしているかな?

臨場感あふれる怪獣との闘い。こわいです。気持ち悪いです。音がすごいです。わーまたやられちゃったよとなります。逃げろ、逃げろとなります。それしか生き残る道はないんだ!ギャーッギャーキャーッです。ジェラシックパーク思い出しました。


今ひとつ文句を言えば、一部の人間がキングコングに憎しみを抱くに至った経過とか、ヒーローとヒロインの身体的距離が後半恋人的に近くなるんだけれどそこいいたるまでの心理的経過とかストーリーを飛ばしてる感が強かった。いい役者さんたち使っているのだからその辺丁寧に作ってほしかった。そこで物足りなかったですね。


この映画見て自分の面白いところに気がつきました。キングコングが私のひとつの男性の理想像だということがわかりました。ヒーロー役の主人公トム・ヒドルストン が演ずる元SAS(国陸軍特殊空挺部隊)隊員のキャプテン、ジェームズ・コンラッドは人間だし、イケメンだし、アクションもかなりうまく素敵ですけどね。
キングコングはもちろん人間の言葉話せませんから無口で、目と背中で語る。コングの瞳の奥を見つめると気持ちがわかる。コングの瞳一つが人間の顔以上の大きさあるから語るものは大きいかもしれない。笑 キュンとします。
キングコングとヒロインとの愛情の交流がたぶん過去の作品より濃くは描かれていないと思いますが、危機だと思うと目で追ってすごく気にして大きな掌で守る。優しい。そして本当に強い。そして島を守る大きな愛。
コングは基本表情あまりないですけど、そこはかとなく微妙な思いが感じられるんですね。そういうところキュンとします。特に私が顔がサル顔が好きというわけではないです。主人もコングに顔は似ていません。面白い発見でした。

ヒロインもコングを守るために強かった。そこもよかったな。そのあたりももっと描いてほしかった。

最後のエンドロール長くて長くて見るの大変でしたが、最後まで見たら新しいことがわかることは確かです。次回作も見るかな?

映画を見るにあたって一生懸命前もって調べた資料はこちらです。
キングコングについて調べてみた


今度は4月21日公開のエマワトソン主演の「美女と野獣」について調べます。た・の・し・み
(ごめんなさい!ポスターの写真もいけなかったんですね!)

Comment

まろ  

おはようございます。


髑髏島迫力あったでしょう。ww
昨日より冷たい雨
私は昨日SINGを見てきました。

2017/03/27 (Mon) 07:34 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

まろさんおはようございます。迫力ありました。自分も怪獣にぱくりと食べられてしまうんでないかと思いました。
シングー有名な歌ばかり出ていて気になっていました。楽しそうな映画ですよね。

2017/03/27 (Mon) 07:54 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest