臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

私のトラウマケアは花粉症の緩和になるか?!!

私のトラウマケアのやり方で花粉症の症状について、鼻水、目のかゆみなどについて絵画療法をやるとまだ5ケースあまりだけど、1週間から一か月症状が緩和されているのが持続しています。でも、できると言えるにはケース数が足りない!
sizuiro.gif

それで、このトラウマケアで悪化した人はいないので、被験者になってくれる人を募りたいと考えました。それで友達に連絡しました。

トラウマケアのやり方はこちらです。
わたしのトラウマケア

以降内容は脚色してあります。

同年代の人は仕事で忙しくて一人だめ。
花粉症のケアの話など大変そうで言えなかった。
パワハラのあった同じ職場で苦労した仲間。女らしい人。

次に連絡した人は元校長先生。スクールカウンセラーをしていたとき知り合った先生。永遠に子供みたいな人。
研修会によく誘ってくれる。

「花粉症の人いませんか?」
「いないよ」
「先生たちいないんですか?」
「いないよ」

先生たちが強靭な肉体を持っていると思えた一瞬。
また、研修会などに誘ってくれることになった。


次が20代の女子
「花粉症の子いないかな?」
「私」
「そうなの?」
「私やりたい」
「じゃあやって意味があると思ったらほかの人にも勧めてね
その時は500円でいいや」

「ころこさんお金のことは言わないで声をかけます。
ころこさん安すぎてスピリチュアルな勧誘かと思われます」

「えーっそうなの。たしかにサイキックアタック程度の攻撃は使えると思うけど
どこの信者でもないよ」

「ころこさんサイキックアタックってなんですか?」

「念による攻撃」

「・・・・・・・・」

「冗談だよ。うそだよ!」

「本当に使えるかと思いました」

sizuiro.gif


今週は20代女子とランチデートです。赤の似合う子。しっかり者のお嬢さん。楽しみです。

いけない。いけない。花粉症の治療に私のトラウマケアが役にたつかどうか調べていく予定です。

Comment

Add your comment

Latest