臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

パワハラのない職場づくりを

パワハラの問題を抱えていると、心身の不調やメンタルヘルスの悪化にもつながります。

パワハラの定義
職場のパワーハラスメントは、上司から部下への行為に限ったものではなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。そのため、上記の「職場内の優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識など様々な「優位性」も含まれています。
• ※同じ職場で働く者同士の関係以外にも、例えば、顧客や取引先から、取引上の力関係などを背景に、従業員の人格・尊厳を侵害する行為がなされる場合があります。

職場のパワーハラスメントとは、例えば、こんな行為。
職場のパワーハラスメントは、典型的には以下の6つに類型化できます。ただし、これらがパワーハラスメントに該当する行為のすべてではなく、これ以外の行為は問題ないということではないことに注意しましょう。
1. 暴行、傷害 身体的な攻撃
2. 脅迫、名誉毀損、侮辱、ひどい暴言 精神的な攻撃
3. 隔離、仲間外し、無視 人間関係からの切り離し
4. 業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害 過大な要求
5. 業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと 過小な要求
6. 私的なことに過度に立ち入ること 個の侵害
(厚生労働省のリーフレットより)

これってパワハラ?と思ったら

こちらに相談機関が載っています。
「あかるい職場応援団」
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

一人で悩まず、相談してみてください。

Comment

Add your comment

Latest