臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

ソフトバンク光のCMの舞台[光市に行く」2

山口県光市は、瀬戸内海国立公園を一部に含む自然の美しい人口約5万人余りのの都市です。
気候は温暖な瀬戸内式気候であり、県内で最も暖かく雨の少ない地域です。

海水浴場として知られる室積・虹ヶ浜海水浴場の白い砂と松原が広がっています。瀬戸内海なので波がとても静かで、子供も安心して泳げます。日本の名松100選、快水浴場百選など多くの選定を受けている西日本屈指の海水浴場です。

戦後は武田薬品工業(株)光工場・八幡製鐵(株)(現・新日鐵住金(株))光製鐵所の二大企業を中心とした町として発展してきました。カンロ飴の工場もあります。カンロ飴発祥の地でもあります。

伊藤博文の生まれたところでもあり、観光スポットになっています。
伊藤公資料館はこちら→http://www.city.hikari.lg.jp/kyouiku/bunka/ito-museum.html

室積の方には、樹林が国指定天然記念物となっている峨嵋山の延長部に細長い島があり、象鼻ヶ岬と名付けられています。名前通り、象の鼻のような形で湾を囲むような形です。ここに山口大学の付属小学校、中学校があります。光駅から遠いためか?あまり観光スポットになっていないようですが素敵なところです。

私は、写真を撮れなかったので、以下にリンクしていただくと美しい景色が見られます。灯台や学校も。
http://takeb777.at.webry.info/201104/article_18.html

光市は不幸な事件で知られるようになってしまいましたが、こんな素敵なところです。

Comment

Add your comment

Latest