臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

ロロ・メイの言葉


今日はロロ・メイの言葉。

アメリカの心理学者であるロロ・メイは、「ゲシュタルトの祈り」を通して他者との関わり方を伝えようとしました。

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。

私はあなたの期待にこたえるために生きているのではない。

そしてあなたも、私の期待にこたえるために生きているのではない。

もしチャンスがあって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしい。

もし出会えなくても、それは仕方がない。

I do my thing, and you do your thing.
I am not in this world to live up to your expectations,
And you are not in this world to live up to mine.
You are you, and I am I, and if by the chance we find each other, it’s beautiful.
If not, it can’t be helped.
~Gestalt Prayer~
________________________________________
私たちはそれぞれ別々の人間であり、異なります。
私は私であり、あなたはあなたであり、私は私のために生きていて、あなたはあなたのために生きています。
決して他人の期待のために生きているわけではありません。

主語は私です。「私は・・・」

何を感じているのか?
何をしたいのか?
何が心地よいのか?

誰かの期待の為に生きる必要も無く、
誰かの犠牲になる必要もありません

何よりも自分自身を大切にすることです。


いつでも、どこでも、だれからでも受け入れられるのは不可能なことです。
受け入れられなかったとしても、期待に添おうと自分を犠牲にしたり、そこで、自分を否定したりしないことです。
受け入れなかった相手を責めたりしないことです。期待に添わなかった相手を責めたりしないことです。

自己中心的でもなく、依存的でもなく、自立した人間であることを目指すことが大事です。

この言葉は、このような自立した人同志が、関わりを持つことの素晴しさを伝えています。

「出会えたら素晴らしい」、もし「出会えなかったら仕方がない」という言葉には、すべてをあるがままに受け止めるゲシュタルトの精神があります。

出会えないことも、出会えることと同じように素晴らしいことなのです。

ロロ・メイはこんなこと伝えたかったのではないかな?

ロロ・メイ(Rollo May, 1909年4月21日 - 1994年10月22日)は、アメリカ合衆国の心理学者。臨床心理学者であり、アメリカにおける実存心理学の開拓者である。カール・ロジャーズ、エイブラハム・マズローらと共に人間性心理学を代表する1人と見なされている。
(Wikipedia参照)

Comment

CHIBI  

リズミカルで体がよく動いて皆可愛くて楽しそう。
自分自身を大切にする事が他人を大切にする事でもあるね。

2016/12/08 (Thu) 16:58 | EDIT | REPLY |  

ころこ  

Re: タイトルなし

CHIBIさんコメントありがとうございます。
このダンス本当楽しいです。

自分を大切にすることは他人を大切にすることイコールになる人がふえるといいですね~

2016/12/08 (Thu) 19:32 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest