臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

Archive: 2017年09月

相談者さんへの様々なカウンセリング技法の伝え方

 29, 2017

相談にいらした方はほとんどの方がカウンセリング技法にいろいろな種類があることさえ知りません。ですから、どういうことで悩んで来られたかうかがったあと、カウンセリングが必要と思われた方には様々な治療技法があることを説明します。来談者中心療法認知行動療法精神分析的療法EMDR箱庭療法あとは、ケースによっては、サイコドラマやSSTなどなど技法の簡単な説明はこちらも参考にしてもらうことがあります。臨床心理士に出会...

電話相談のメリット

 27, 2017

今やそれぞれがスマホあるいは携帯を持つようになり、電話相談は非常に身近なものになりました。いのちの電話や働く人のためのこころの耳は、何度かけてもかかりにくくなるほど、皆さんに周知されてきました。今日は電話相談のメリット、デメリットについて簡単にまとめてみました。私自身も相談者さんが遠方の時は電話相談で行っています。今の20代の方は、電話で話すのが苦手な方も多く、それなりに時間をかけて慣れていただく必...

自分の痛みと他人の痛み

 26, 2017

はじめて知ったとき、怒り発見器って何だ???って最初思いました。大嶋先生の本を読んだとき、オーリングのようなものかと思いました。でも、違う感じです。最初は怒りの感情について怒りの原因が何か調べるために発案されたということです。詳しいことは小さなことにイライラしなくなる本に載っていますが、P.56コメント欄で以前質問があったのでアバウトですが、だいたいのやり方はこんな感じです。①手の力を抜いてブラブラさ...

大学生のバイトの相談機関はどこにあるか?

 25, 2017

こういう質問をいただきました。リクエストをお願いしたいです。私は現在大学の一年生です。勉強が落ち着いたらアルバイトをしたいと考えていますが、元不登校な事もあり、人間関係や色々不安です。なので心のリハビリ(?)をしたいです。その様な場合、ころこ先生が前に紹介して下さったサポステやジョブカフェに相談に行けばいいのでしょうか?ホームページを見たら"正社員になるために〜"と書いてあったので、分からなくなりま...

タイムマシーンに乗ってみました!

 22, 2017

大嶋信頼先生のブログにFAP療法のこんな技法の紹介がありました。正確に伝えられるかどうか自信がないのですが、ちょっとまとめてみました。 自分が辛いと思った症状を解く呪文をその時の年齢の自分とともに唱えて確かめてみます(先生のブログでは5歳)「5歳の自分とともに唱える」ということを思うだけで催眠状態になれますというものです。 例えば、「うまく人の輪に入っていけない時の呪文」を5歳の自分と一緒に唱えます。こ...

身近な人の突然の死

 19, 2017

昨日コードブルー最終回でしたね。誰が亡くなってしまうのか、生き残れるのか、はらはらドキドキの事故現場。最後は仲間のつながりの大切さ。フェローたちが、シーズン3の開始当初から比べて、かなりたくましくなりましたね。白石(ガッキー)の救命が出来上がる日も近いのかもしれません。ということで、コードブルー3、最終回でしたが、まだまだ見たいと思っていたらと思ったら、コードブルー、番組ラストで2018年に映画化される...

私の気持ちと他人の気持ち

 18, 2017

相談者さんや自分のことや自分の周りの人のことを考えながら、こういうパターンがあるかなと思って書いてみました。台風の風まだ強いですね。早く静まるといいですね。私は私でありたいのに自分の中に家族や他人の気持ちがなだれこんできますそれが他人の気持ちとわからずに堂々巡りで変わらない感情の渦の中で私はアップアップしておぼれてしまいそうになります何も解決しないその繰り返しの中でとてもとても疲れますでも、もしか...

1時間で何ができるか...

no image
 13, 2017

おはようございます。雨がやんだら、あったかい湿めり気の中を泳いで歩いているような気持になって昨日は不思議な散歩でした。お布団を思う存分おひさまに当てたい!のが今の私の一番の希望です。月曜日テレビドラマ「コードブルー」を見ていたら「一時間で何ができるか?何が起こるか?」をテーマにやっていたので、私もいつも一時間という時間の枠の中で(カウンセリングは50分のことが多いですが)最初の相談者さんが来られたら...

この症状の原因はなんだろうな?

 09, 2017

(以下の内容は相談者さんの了解の元に書かせていただきました。)相談者さんが、ここ何日もずっと眠くて眠くて仕方ないと本当に眠そうな顔していらっしゃいました。では、それを描いてみましょうと描いてくださったら、不思議なことに黄色を選ばれてぐるぐる円を描き始めたんです。黄色は花粉症の治療の時によく選ばれる色ですがほかの時に選ばれたのはあまり見たことはありません。なんだろうな?形もグルグル円環の形にきれいに...

言葉にならない思いや身体の痛み

no image
 07, 2017

描画表出療法では、言葉にならない思いや身体の症状も扱うことができます。まずは、共感の姿勢を作ることです。私は自動的にに相談者さんと会うとチュー二ング(波長合わせ)しますが、最初は相手の呼吸に合わせるのがいいでしょう。そして「漠然ととしていてかまわないから心や体で感じてることを表現してください」伝えます。「詳しい説明はしなくていいですよ」ということも伝えます。相談者さんはこんな風に言います。例えば、...