臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

Archive: 2015年02月25日

年をとる「最上のわざ」とは?

no image
 25, 2015

辻村深月の小説を映画化した「ツナグ」。死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者“ツナグ”の見習いを努める高校生が、さまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を描いています。松坂桃李、樹木希林が演じ、温かな掛け合いを見せてくれた2、3年前の映画「ツナグ」の中で流れていたこの詩がずっと印象に残っています。最上のわざこの世の最上のわざは何?楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども...