臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

Archive: 2014年07月

子どもの安全基地

no image
 30, 2014

子供が安心できる、守られていると感じることはその後の成長を促すうえで必須です。今日は子供の基本的安全感というものはどうやって形成されるのか改めて振り返ってみました。人が、人格形成の上で必要なものとして、エリクソンは第一段階の乳児期(0歳~2,3歳)の発達課題として「基本的信頼感」をあげました。お母さんが信頼できるということは、それを通して世の中の人を信頼するという「基本的信頼感」が育つのです。「基本...

使えないお金

 25, 2014

Y君は、まだ20歳になっていません。でも、自分からカウンセリングを申し込んできました。 ご両親からの承諾をもらいましたが、彼が自分でカウンセリング料金を支払うというのです。休みにバイトして貯めたお金があるからというのです。もちろん、正規の料金などもらえるはずはありません。「出世払いね」ということにしました。 学校も夏休みに入ったので「バイトができるから(正規の)料金を払う」と言います。「いいよ。仕事に...

こどもの電話相談(虐待)

no image
 22, 2014

虐待で苦しんでいる子どもは、がまんしないで相談してくださいいつも殴られたり首をしめられたりきょうだいの間でひどい差別があったり食事をさせてもらえなかったりこわくてこわくて仕方がないほど、繰り返し叱られたり夜、親が毎日のように遊んで家にいなかったりお父さん、お母さんから性的ないたずらや関係をされたりしていませんか? たとえ殴られなくても、体に傷がつかなくても、心がつらかったら、電話をかけてみてくださ...

カウンセリング中 by robin

 20, 2014

こんにちは。robinです。お兄ちゃんがお母さんとお話ししているときは私はお兄ちゃんの横にいておとなしくしています。えらいでしょ。                                                                            by robin...

年をとらないで

no image
 19, 2014

昨日のNHKのあさイチで渡辺和子さんが出ていらっしゃいました。イノッチと有働アナとのインタビューの様子はこちらでご覧ください。http://togetter.com/li/694402?page=2その中で「ある人が私から年をとらないで。年をとることは私の財産なんだからと言ってました」とおっしゃっていたのが印象的でした。大学時代の恩師の霜山徳爾教授も「成長はある時期がきたら止まるけど、成熟は一生あるんだよ」とおっしゃっていたのを、大学...

お母さんへ 夏休みはどう過ごされますか?

no image
 15, 2014

子どもたちはそろそろ夏休みですね。お休み中の楽しいイベントも待っているでしょう。子どもたちも待ち望んでいるでしょうし、お母さんたちもほっと一息つけると思っていらっしゃるでしょう。ところが、夏休みが明けて、2学期というのは、それまで潜在していた子供たちの問題が一気に顕在化する時期なのです。一学期に登校渋りが少々見られたお子さん、人間関係のトラブルを抱えたお子さん、ネットにはまりそうな予感がするお子さ...

最強のコンビ?

no image
 12, 2014

今日はカウンセリングとはあまり関係のないお話です。親戚の若い女の子が20代にして、一人暮らしのマンションで生まれて初めてゴキブリを見たと言って、夜もおちおち眠れないような騒ぎになりました。家中、何度も掃除機をかけ、拭き掃除をし、コンバットを置き、それでも落ち着かないので専門のゴキブリ駆除業者さんにも無料点検に来てもらったのです。でも、彼女からすればちゃんと見てくれなかったという感じしか持てませんでし...

医療機関とカウンセラーの選択

no image
 10, 2014

うつ病で何年も服薬だけで治療していらっしゃる方は多いですね。確かに症状が激しい時は薬物療法は重要です。それに加えてカウンセリングを並行して受けられると良くなってくる可能性、治癒する可能性は高いです。経済的な面も関係しているのでしょうね。そういう方には、保険診療のきくカウンセリングができる病院をできるだけ紹介しています。ただ、ドクターに対して強い信頼感を持たれている場合は無理にはおすすめしませんが。...

robinです。

 08, 2014

初めまして。トイプードルです。名前はロビンです。女の子です。相談者が大好きですが、犬が苦手な人は遠慮なく、わたしの飼い主に伝えてください。                                                                   by robin...

温かい中立性

no image
 07, 2014

私はスクールカウンセラーの仕事もしています。子供の立場にたっていると、先生方はどうしてわかってくれないのだろう、どうして子どもを決めつけるんだろうと正直言っていろいろ疑問をもつことがありました。だから、正直に言うと先生方に対してはクールだったと思います。いつもクールで冷静な姿勢を保とうとしていました。でもそれが徐々に変わってきました。それは、埼玉大学の講師のK先生と元校長先生で昨年まで適応教室の室...

今いじめられている君へ

no image
 07, 2014

今あなたは自分はだめな人間なんだ性格が悪いんだ頭が悪いんだ外見が悪いんだと自分をとても責めているでしょう。自信をなくしているでしょう。でもあなたは素敵なところも魅力的なところもたくさんある人なのです。学校にはスクールカウンセラーもいます。相談員もいます。壁には必ずいじめにあったらここに相談したらいいよというポスターも必ず貼ってあります。相談しているとそれだけでも自分にはこんなに力があるんだと気が付...

急性ストレス障害

no image
 07, 2014

多くの場合、急性ストレス障害は生死にかかわるような恐ろしい体験をした直後に起こるストレス反応と考えられています。代表的なものとして2011年3月11日東日本大震災があげられますが、これほど被害の大きいものでなくても、自分や他人の生命や安全に対する重大な脅威(例えば、肉親との死別、愛する人との死別、自然災害、火災、暴行、脅迫、パワハラやセクハラ、いじめ)を、実際に体験したり、目撃したりすると急性ストレス障害...