臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

Category: 不登校

不登校のフォローの面接してみた

no image
 05, 2017

5年前4年間学校に行けなかったあなたに顔を会せることができないまま、玄関のドア越しに何度も話したあなたに5年ぶりに今どうしてるだろうかと思い切って電話した「お久しぶりです。元気ですか?調子どうですか?」電話口のあなたはしっかりとした口調で元気で大学行ってる!びっくりした!うれしくて涙が出そうになったおたがい遠慮しがちだったけどどこの大学とか何専攻してるとかたくさん話した5年前は「元気?」「うん」「眠れ...

君に届け(学校へ行けない君へ)

no image
 17, 2017

FC2ブログの過去記事を整理しようと思ったら、動画が再生不能にたくさんなっていて、かなり削除しました。動画は見直ししないとだめですね。カテゴリーを変更してもどうしても日記に戻ります。なんででしょう?はてなブログのほうは、こちらにできるだけ移して、加筆修正します。今日は、不登校のみなさんへ書いた言葉です。君に届け(学校にいけない君へ) 担任の先生や相談員の人たちが、君の家に時々訪問してチャイムを鳴らす。 ...

娘が学校に行きません親子で迷った198日間 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 16, 2016

Amazon娘が学校に行きませんお子さんが不登校になったとき、おかあさんの中にどんな気持ちが起こるかよくわかります。おかあさんの気持ちに浮き沈みがユーモアを交えて描いてあるので、真実はもっと深刻と思われる方もいるかもしれませんが、お母さんがたにお話を伺っているとこんな気持ちの浮き沈み、子供に寄り添いたい気持ちと子供にいらいら.....たどります。そんな経過が理解できる本です。ここには、多くの援助者が登場しま...

不登校2学期

 12, 2015

不登校のお子さんをお持ちの親御さんへこの2学期から、お子さんが行けなくなった親御さんへ 子どもさんとのにらみ合いにお疲れになったでしょう。それは、ひとまずお休みにして、家庭の外へ助けを求めましょう。学校に行ってないお子さんは、勉強をするでもなく、だらだらと毎日を過ごし、あたかも怠け者のように見えるでしょう。しかし、こどもを怠けから学校にいけないのだと判断するのは最後の最後の判断で今は早すぎます。 自...