FC2ブログ

うたたね日記2019

臨床心理士です。私の趣味やら日々のことについて書いていきたいと思います。

クレヨン療法のその後

今回もクレヨン療法から、クーピ―療法(仮)を考えついた日々のカウンセリングの覚え書きです。

最初に考え出したクレヨン療法の安心感、安全感は、新聞紙の大きさが両手を広げた大きさで、相談者さんがクレヨンで殴り書きをするときに治療者がちょうど相談者さんを受け止めるような形になっているから、相談者さんに安心感を与えられるんだということはやはり本当だなと感じます。あと、描くものが新聞紙の上だということで、相談者さんはやはり自由になれるのだと思います。

クーピ―と画用紙を用いた場合、きれいな白い紙に描くのでやはり自由度は少なくなるようです。新聞紙だと怒りを表現する際にとげとげの線をいくつも描いて新聞紙をビリビリに破ってしまう相談者さんが多いのにスケッチブックだと紙を破る人はほとんどいません。カウンセラーの私が、表現しきれない怒りの線をたしてあげる場合が多く、それで怒りが解消されて楽になるようです。

「今回、新聞紙に較べて小さなスケッチブックを使って、描いている相談者さんに寄り添いながら感じたのは、相談者さんに安心感を与えるのは、当たり前のことですがカウンセラーだということ。カウンセラーの表情であり、姿勢であるということでした。それって当然ですが大切です。」という考えに変わりはないのですが、新聞紙とクレヨンで床に新聞紙を広げて描くと相談者さんは、小学生のような表情ものぞかせます。だからと言ってそれが退行を促進するから危険ということもこれまで一度もなくて、トラウマの回復には有効でした。それが、スケッチブックとクーピ―だとあまり初期から見られなくて、回復の速度は緩やかな印象を持っています。



今回クーピ―ってどういう意味だろうと調べてみました。フランス語のCOUPという単語にYを付けて、クーピ―と耳にやわらかく響くように工夫した造語だそうです。クーピ―ペンシルは、発売当時、全部が芯で消しゴムで消せるという画期的な商品だったそうです。クーピ―を持って描く感覚とクレヨンを持って描く感覚は、非常に異なっていてクレヨンが引き出せてクーピ―が引き出せないものもあると思いますが、クーピ―は相談者さんの違う可能性、表情も引き出してくれているようです。
スケッチブックの白い紙も、どんな作用を相談者さんに引き出すのでしょう?楽しみです。
pencils-452238__340.jpg





言葉と言葉の間

これは、私自身のカウンセリングの中で思うことです。他のカウンセリングには当てはまらないこともあるでしょう。あくまで、私のカウンセリングの中で感じることとして。

相談者さんたちは、はじめて来談された時、涙をこぼしながらもきちんと話さなきゃ、整理して話さなければと思っている。だから、会話に間があると「すみません」。何を話すか忘れると「すみません」と言う。カウンセリングできちんと話せないことを申し訳ないと思う必要はない。相談者さんの言葉と言葉の間のしばらくの沈黙の時、言葉の情報では伝わらないものが、たくさん伝わってくる。本当は言葉で話している時も言語でないメッセージが伝わってきているのだけれど、それが、より明確になる。表情、顔色、姿勢、視線、目の表情、身体の痛みー胸が痛いやら、頭がぼーっとしているとか、胃が熱くて痛いとか、背中が痛いとかこちらの身体にも伝わってくる。そんなに強いものではないが...だから、無理して言葉に全てしようとしなくてかまわない。なかには、何にも話したくないから全部、超能力で当ててくださいっていう人も時々いるけど、それは、そんな力ないから無理だけどね・・・笑
みんなまとめてきちんと話さなきゃと思っているけど、そんなことする必要何もない。こちらが知りたければ、質問するし、答えたくなければ答えたくないと言えばいい。相談者さんたちが沈黙の中で私に教えてくれることはすごく多くて、時に私は言語の情報にまぎらわされない様々なメッセージが伝わってくる沈黙の時が好き。だから、カウンセリングだから、無理してきちんと話そう、まとめようとしなくていい。




相談者さんは、自分のことを、思いを表現がスムーズにできないといけない、カウンセラーに悪いと思ってしまうことがほとんどです。だから、最初から、そんなに生真面目に考えて来談されなくていいのです。わからないときはこちらから、質問します。答えたくないことは、答えたくないと言えばいいんです。気持ちを少し楽にもって、カウンセリングにトライしてみましょう。

photo-1473710009054-78212ee050b5.jpg


トラウマは過去のもの???

今年も始まりましたね!みなさん、お元気ですか?今年は、私のカウンセリングに対する雑感も書いていこうかなと思っています。私の経験と勉強の中で書くので偏りもあるかもしれません。あくまで、私のこれまでの経験の中で、相談者さんと共有できた相談者さんの悩みや何千ケースの中で起きてきた事です。



「過去のいじめやハラスメントによるトラウマをよく人は、過去のものなんだから、時に何十年もの過去のものなんだから、ふりかえらずに前を向けばいいんだよというけどね。そんなトラウマになってること終わりにすることは、簡単なことじゃないんだ。何十年も昔に心の傷になったことは、今もいろんな形でその人を拘束している。苦しめている。自由な世界を味わうことをダメにしている。だから、、簡単に過去のことなんだから、こだわらないでなんて言っちゃいけない。あくまで、隣にいるあなたにとっては遠い昔のことでもその人に寄り添うことだ。」

でも、トラウマを治すのにさあカウンセリングにかかろうって言っても、大卒で高学歴の人でもカウンセリングって何か知らない相談者さんは多いです。あまりいないけれど自分の問題を何とかしようとカウンセリング機関をいくつもかかわってきた人たちは少しは知っています。ドクターの5分から10分診療の精神療法を心理士のカウンセリングとまるきり同じだと思っている人も多いです。(そして、ドクターの中には、時間をかけて丁寧に話を聞いてくれて、アドバイスしてくれるドクターもいて、それはそれで、相談者さんにとって心強い支えになっています。)カウンセリングって何かを知るためにも、料金のかからない無料相談機関を最初にかかってみることはお勧めです。カウンセリングってどんなものか知ることもできますし、ほかのカウンセリング機関と較べるときの指標にもなりますよ。


無料の相談機関は、右欄にリンクしてあります。参考にしてください。

photo-1530196606945-81ab3df90d91.jpg
今年もよろしくお願いします。みなさんにとっても良い年になりますように!



クレヨン療法の与える安全、安心感

今回、変化させたクレヨン療法は、クーピ―に画用紙用いるのでクーピ―療法?とでも言ったらいいのか困っています。これから、考えます。
最初に考え出したクレヨン療法の安心感、安全感は、新聞紙の大きさが両手を広げた大きさで、相談者さんがクレヨンで殴り書きをするときに治療者がちょうど相談者さんを受け止めるような形になっているから、相談者さんに安心感を与えられるんだと信じてきました。
クーピ―と画用紙をよく用いる相談室は狭くて、机の真正面に椅子を置くスペースもなくて、私は相談者さんの横に座ってスケッチブックに手を添える程度です。でも、相談者さんほとんど安心して描けています。ただ、面接第一回目だと厳しいかな?でも、それは、クレヨン療法が完全に個室にできるのに較べて、クーピ-を主に使う相談室は、完全な個室ではないということも関係しているのかもしれません。
今回、新聞紙に較べて小さなスケッチブックを使って、描いている相談者さんに寄り添いながら感じたのは、相談者さんに安心感を与えるのは、当たり前のことですがカウンセラーだということ。カウンセラーの表情であり、姿勢であるということでした。それって当然ですが大切です。


もうすぐ、今年が終わります。私は、掃除をしながら、テレビを見ながら、こんなことを考えてぼつりぼつり書いております。お正月を迎えるにあたってセールで家族とおそろいのセーターも買いました。これそっくりです。
71LsWZRwvkL__UL1280__convert_20181230135822300.jpg
Amazonから

Latest