うたたね日記2016

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

あなたという存在

いじめやハラスメントにあった人たちは

親からも愛情を注いでもらえなかったあなたは

自分をたいしたことがない存在だと思っています

理由のない力につぶされてきたあなたは

自分のなんかちっぽけな存在で

いつ死んでもいい存在だと思っています

でも、本当はそういう中を生き抜いてきた存在で

頑張って生きてきた存在で

だから、尊敬できる存在で

物事の真実や人の真実を鋭く見抜くことができるところがあったり

とても素直で誠実であり

自分が痛みをかかえてきたからこそ思いやり深い人であったり

それぞれ素敵な魅力と 大きな力を 才能を たくさん持っています

そんな力が その魅力が社会で発揮されないことはとてもとても残念なことなのです


そんなあなたたちの力が社会で十分発揮できますように

いつもいつも願っております

早く社会に生かされるよう願っております


その力があなたにあるのは

確かなことですから

真実なのですから...

カウンセリングを行う場所は安全・安心であること

カウンセリングを行う場所は、安心・安全を感じられる場所であることが基本です。時に無料の相談機関では、施設の都合でパテ―ションで区切られた場で近くの声も聞こえるところなどあってカウンセラー側も気を使いますが、それだけデメリットを持っている場所であることを相談者さんに伝えてあげているといいと思います。あとは、できるだけ、カウンセラー自身がその場の守り人となることです。目に見えないバリアーとなってあげるぞぐらいの気持ちはそういう場では必要でしょう。

私のトラウマケアでは、新聞紙を大きく、全部広げて行います。相談者さんははじめ目を閉じて、身体に感じる気持ち、もやもやとかぴりぴりとか痛みとか描くので私が新聞紙を押さえています。両手を広げて大きく抱えるようなイメージです。それは、多分、相談者さんにとっては、「あなたの感情にいいも悪いもないですよ。少しずつでもいいし、いっぺんにどっとでもいいから、ここに表現してみてください。こちらが受け止めますから、大丈夫ですよ!!!」と伝えている感じではないかと想像しています。多くの相談者さんがそういう感じだと言われます。

安心・安全を感じる中で自分の感情を吐露できることが心が回復できるための第一段階であることはいえるでしょう。

そのような場でカウンセラーにお話しているようにただ殴り書きのみで自分の過去を気持ちを伝えられること、吐き出せることは相談者さんにあまりためらいを起こさせません。ただ、わーつと一ぺんに吐き出すと、遠くから来ている相談者さんや、ハラスメントで心も身体も疲れている相談者さんがとても疲れることもあるので、疲れ具合をみながら、聞きながら、表出してもらう加減を見ています。

男性の個人開業のカウンセラーは、女性が相談者である場合、ドア側に相談者さんを常に座っていただくということをしていると言っていました。


ひとつひとつの細かい配慮から相談場面は成り立っています。

こちらも参考にしてください。
私のトラウマ治療

初回面接行うことを言葉にしてみた


58796396_convert_20161117040704.jpg

写真の認知行動療法?

東京の街をてくてく歩いていたら、こんなのにであったよ

iIMG_20170605_162742_2_convert_20170611033654.jpg
面白いメガネの陳列の仕方 おしゃれなマネキンだね

IMG_20170605_162025_2_convert_20170611033438.jpg
椅子の上に飾られた絵画とサンダル うーんなかなか芸術的



IMG_20170605_163413_convert_20170611034411.jpg
こんな真っ白い紫陽花も咲いていたよ 梅雨だね


IMG_20170605_162212_2_convert_20170611033852.jpg
それからどこかのお庭の百合の花が咲き乱れていた きれい


IMG_20170605_162457_2_2_convert_20170611034042.jpg
お酒たちも路上にこんな風に並べられていた


てくてく歩くといろんなものにぶつかる 写真に撮ろうと思っているといろんなものに気が付く


これって認知行動療法にもなるのかなと思った
いつもと違う視点でいつもと違うものに気がついて
違う景色を見ている私がいた


未来に向かって走り出すとき

今までの私は怒りの空回り
怒りが刺すように自分に向かったり
うらみとなって外へとばかり向かったり

自分が苦しくなるばかりの怒りの空回り
ぐるぐるぐるぐるおぼれたよ

いやなこと言われて
自分を否定されたような気がしたよ


それまでは自分なんてっていう思いが強かったけれど
社会は自分を必要としてないと思ったけれど



でもあるとき自分はもしかして捨てたもんじゃないと思えて
自分を否定するものに負けないぞと思えるようになった



前に向かって走り始めた
怒りで溢れそうなときは
走ったんだ


地面が私の怒りを吸収してくれたよ
足の裏から怒りがずんずん地面に入っていくようだった
怒りが強さに変わったよ
怒りがエネルギーに変わったよ

そうしたら自分を否定するたくさんんのものたちを追い越して

それは私の後ろになって


絶対絶対私を否定した人よりも

仕事できるようになってやるんだわい!
やせてきれいでかわいい私になってやるんだわい!



と思えたんだ


(自分に基本的な自信をもてた相談者さんは強くなっていけますね)

PAK30_tanbotoaozorainaka20130812-thumb-autox1600-17151_convert_20170610103134.jpg





Latest