うたたね日記2017

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

一人の人が変化するということ

一人の人が変化するということは

症状がとれるというような単純なことではなく

その人が見える世界が少し変わるだけでなく

その人自身が少し変わるだけでなく

その周りの人もなんだか変わって

とりまく空気も変わって

家族との関わりも少し変わって

家族もどういうわけか変わって

職場の人との関わりも少し変わって

職場の人も微妙に変わって

それが音もなく、特にたいしたことが起きた風でもなく

いつもの日常がただ淡々と過ぎていくだけのように見えて

でもその人自身とつながっている小宇宙が変化していくようなすごいことが

起こってるような不思議な感覚を覚えるるこの頃です

33978554_480x381.jpg

福山雅治が結婚した時

今は落ち着いたが、以前は地震があったり、トピックスがあると相手の状況かまわず、いきなり他の方のブログに訪問してしまうことがよくあった。大きな地震があったとき飛び込んだこともあったのだが、福山雅治が結婚した時、ショックがおさまらずに何人にも訪問して多分あきれられた。その時にはてなブログで書いた記事がこちら。随分飛んでた。懐かしい。今思い返すと臨床心理士で美人モデルの山名裕子さんがうらやましくもあり書いたのだ。笑
こんな記事が残るのも日記みたいでブログは面白いなと思う。


妄想する    


今日も真面目な話ではないので、真面目な方は、あきれると思うのでお願いなので読まないでいただきたい。読まないでブクマだけしていただければ幸いである。


~もし、私が美人だったら~


美人過ぎる臨床心理士として有名な人がテレビに4月からコメンテーターとしてレギュラーで出ている。 男の子たちが美人は得ということはこういうことなのだろう。


妄想を膨らませて、もし、私が美人だったらと想像してみた。


・いつも人の視線を浴びていなくてはならない

・それ相応のセンスのある服を着る必要がある。

・通りすがりの時はいつもいい匂いがふわっとしなくてはいけない

・姿勢はいつもよく猫背などありえない

・花粉症でも鼻水を決してたらしていけない。

・焼きそばを食べたあとに歯にのりがくっついていてはならない

・肌に吹き出物を作ってはならない

・トイレに行くときも人知れず行く必要がある

・電車の中で肩ズンはどんどんやっていいが、大口を開けて上を向いて眠りこけてはならない。ましてや、よだれなど垂らしてはいけない

・人前であくびなどしてはならない

・髪はいつもさらさらつやつやヘアでなければならない



 色々想像してすごい美人というのは、公私ともども非常に疲れることがよくわかった。 

大変そうだが、でも・・・・・・・・ テレビ局にいれば、


もしかしたら、福山雅治........

に会えるという奇跡もあるかもしれない。


福山雅治さんと女優の吹石一恵さんが、吹石さんの誕生日である本日9月28日(2015年)に結婚したことを発表されました。おめでとうございます! これで私の妄想は終わったのです。

昨日はかなりおバカになり、はてなのお友達のところへ行ってはなぐさめていただきました。皆さん有難うございました♡




あーあ本当におバカな記事であった...

発達障害かもしれなくても

人から注意されても

同じミスの繰り返し

仕事の段取りもよくわからなくて

怒られることが多くて

ぼくは次第に自信を失っていきました

寝つきが悪くなり

頭の中も同じことの繰り返しを

考えてばかり

いろんな日常で楽しいと思うこともなくなって...

カウンセリングを受けることを思い立って

そこで少し休養するように言われました

精神的サポートを受け、次第にうつ状態から回復していけました

今度僕は自分の能力でできるところと

できないところをよくわかるため検査を受けようと思います

発達障害の可能性があるかもしれません

それはやはり怖いことでもあるけれど

むやみに自信を失うことなく怒られることもなく、社会で仕事できる方法かも知れない

お金を稼ぐことができる方法かもしれない

だから勇気だして挑戦します

挑戦する僕に今もいろんな人が相談にのってくれますし、

これからもっといろんな人が相談にのってくれるらしいです。

一人で悩みを抱えてきたころに比べて随分心強いです。





相談機関はこんなところがあります。

働く人のメンタルヘルス こころの耳

新卒応援ハローワーク

利用しやすいこころの相談室 ちばこころのキャッチ


心療内科などの病院にかかってみようと思われる方は、その病院が発達障害もみるかどうか確認されてから受診してください。


今日の動画はZARDの「負けないで」です。

絶対きれいになってやる

私なんかどうせみんなからの嫌われ者

好きになってくれる人なんていない

それが当たり前

ずっとずっとそう思って生きてきた

みんなが放つ言葉 放つ視線

どうせおまえなんかって思ってるでしょう

人への怒りやくやしさがいっぱいでその中に自分がおぼれて

やけくそだったなあ

自分のこと 「だめだ、だめだ」って思ってた

でもね 

こっちだよってぐいとひっぱられて

振り返ったら優しく笑ってくれる誰かが居た

どこかで私を認めてくれる人がいた

時々ドカンと自信失って先が見えなくなることはあるけれど

自分はもしかして捨てたもんじゃないかな?と思えてきた


そして絶対きれいになってやるって思ったんだ

自分はきれいになれると思えたんだ


(高校生のカウンセリングを思い出しながら、想像の翼を広げて書いてみました)




今日の動画はおなじみの足柄高校ダンス部の「Girlfriend]です。

Latest