臨床心理士のうたたね日記

臨床心理士です。日々気ままに気がついたこと、関心のあることについて書いています。

寒い!

心が寒いなどしゃれた話は私には書けない。「懐が寒い」ならいつでも書ける。「世間の風が冷たい」も書けるかもしれない。 今日は急激に気温が下がって本当に寒い。冷え性の私には辛い寒さである。

こういう時にはせっせと動くか、ヒートテックのシャツ、靴下、ハラマキなどで温かくするかどちらかである。 私は迷わずまた布団に潜り込んだ。もう一寝入りすれば必ず体が暖まっているか、仕事は午後からなので、気温が高くなっているだろうと私は確信していた。

ところが起きたら、少しも気温は高くなっていない。おまけに頭痛がする。 昨日の職場で、皆さんから柿、のり、お饅頭、ジャガイモなどもらってよいしょ、よいしょと帰ってきたので、いつもペンより重たい物を持ったことのない私は疲れたのかもしれない。昨日の仕事?農家の手伝いではない。私が唯一できるカウンセリングの仕事である。

そして、3時間の仕事をした後、私はまた布団に潜った。寒いし、頭がまだ悪いでなくて、痛いのである。頭が悪いのはずいぶん前からで当分治らないと臨床心理士の私は見立てている。 そして、また眠った。 眠りながら考えついた。眠りながら考えつくところがすばらしい。

来年はカウンセリングルームのホームページを作る予定である。私は予定をたてるのは非常に得意である。誰でも同じであろうが、実行には時間を要する。私が死ぬ一日前に実現するかもしれない。

ホームページができたら、ブログの名前を「臨床心理士ののほほん日記」、「臨床心理士のうたた寝日記」、あるいは「臨床心理士の寝たきり日記」にしよう!
(これは、過去記事です)

200.png

痛み

頭がずーんと重たくなるような痛みは
あの時の過去
思い出したくない過去
戻りたくない過去

胸に突き刺さるような痛みは
古い傷
古い痛み
古い悲しみ

おなかのひりひりする感覚は
あの時怒った感情
いらいら いらいら
落ち着かない感情

ひとつひとつの身体の感覚に
耳を澄ませば聴こえてくる
あの時の悔しさ
あの時の悲しみ
あの時の孤独

ひとつひとつ身体の声を大切に大切に聞いたら

だんだん心も身体も癒えてきて
暖かくなる
軽くなる
走り出す


そして 夢 夢 夢を語りだす

pexels-photo-262750.jpeg

不安ばかりのあなた

あなたは将来のことが不安で

仕事のことが心配で

お金のことが心配で

ああでもないこうでもないと心配ばかり

こうしたらこれがだめ

ああしたらあれがだめの八方ふさがり



自分ってこれもできない

あれもできない

限界の壁いっぱいの

自分が不完全の塊に見えてきて



心が脅えたり くすぶったり

心が行き場をなくします



そんな時

心のどこからか

将来のことばかり心配しないでね

今を楽しく生きればいいんだよ


たくさん楽しんで やりたいこと失敗していいからチャレンジして

今を生きればいいんだと



そうそう 今を大事にね

今来た今 ホットな今

今しかない今

それをせいいっぱい おなかいっぱいになるまで生きましょう

334837_convert_20170821032854600.jpg


うつが始まるとき

睡眠も十分とれていないのに

将来へのあせりと不安でいっぱいで

今の自分なんかみんなと同じことが何もできていないと決めつけて

あなたはうつのはじまりの真っただ中

自分は周りと比べてだめなんだ、だめなんだとくりかえします

あれだけのことがあったのに

たいしたことがないよ

さも大変そうなことが降りかかったように

自分は言うんだと

自分のこといじめます

頑張って頑張って生きているのに

自分は頑張りの足りない人間だと決めつけます

頑固な気持ち

頑固な思考

思い込みいっぱいのあなたと格闘すること30分

あなたは、病院に行く必要があること

もしかしたら服薬の必要があることを

受け入れてくれました

自分がうつになっているかもしれないんだと

仕方がないなと受け入れてくれました

薬は嫌だけど

もしかして必要かもと受け入れてくれました

少し心の休息が必要だと理解できました

少しほっとできた私でした

free-stock-photo-girly-drop-05.jpg




うつの始まりの典型的な1パターンを書いてみました。
以上のようなことがあると皆さんもうつの可能性があるかもしれないので、病院を受診してみてください。

こちらを参考にしてください。
うつ病サプリ

Latest